忍者ブログ
FuFuFu動物病院 看板猫タンタンのブログ
  カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  プロフィール
HN:
タンタン(たまちゃん)
性別:
男性
職業:
猫(=^・^=)
趣味:
寝ることZzz
自己紹介:
 18年前に里親希望でFuFuFu動物病院に来て、あまりの可愛らしさにスタッフが飼うことを熱望。
 若い時は供血猫として活躍!
 今ではご隠居生活を満喫し、スタッフへの癒し係❤❤❤

2009年2月1日、おだちゅんの元へ逝く。
  カウンター
2009年1月2日からスタートしました。
キリ番踏むと表示が出るはずです! よかったら踏んだことをコメしてください。 今ならプレゼントあり!
  いらっしゃいませ~
訪問者が増えると…、 オジサンが増える(笑) 不評だったら、前のに戻します…。
  最新CM
[07/03 BANGURI]
[05/15 Backlinks]
[05/09 BANGURI]
[05/06 ちっちょん]
[05/01 セイどん]
  お気に入り        (ブログ仲間)
misarinさん
ランラン♪日和

たまの飼い主さん
お散歩日和 たま日和

ままっちさん
12坪の猫のくに

たいたいさん
たいたい日記 ~メタボ父ちゃん と おじぎ猫~

イヴさん
BELLEの子供たち

黒豆ママさん
黒豆ころりん

しまじろうさん
ぶーBoo猫ニャン

ひろっぺさん
気まぐれnekoまんま!

みにゃんこさん
ひざ猫.com 膝の上の猫は重いのだ!

たま吉さん
だだっこ珠ちゃんの猫ぐらし

nonbirikingさん
ネコ×4な日々。~ねこネコ猫neko編

seiさん
◆卯月物語~モモンガ猫とウサギ猫とえっ?sei・・・

ネコムラさん
老いたネコに従え

猫娘さん
お散歩大好き猫ブログ

perutanさん
ペルタン日記

りんさん
外国人夫と行く~世界の旅~

りっこさん
りつこの部屋

rummyさん
てん・てん・てんちくりん

ちかさん
たまの玉手箱

スージーさん
にこあり通信

はなまるさん
毎日大吉!

姫ハックンさん
にゃん♪フェレ♪えぶりでぃ♪

  最新記事
  ブログ内検索
  タンタン検定試験
カルトクイズに       アナタも挑戦しませんか?(笑)
  あし@
  時計
  web拍手
  猫の脳内メーカー
猫版脳内メーカーで カウンターも兼ねてます。
是非みなさまの猫ちゃんも試してみてくださいね!
  バーコード
  最新TB
  滞在時間
  アクセス解析
  メールフォーム
  フリーエリア
[392] [391] [390] [389] [388] [387] [386] [385] [384] [383] [382]
2017/07/29 (Sat)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/03/06 (Fri)

先日一通のメールが届きました。

【一周忌法要のお知らせ…】

    
「あぁ。。もう一年経ったんだ。」


もう1年なんだね。。













            

            ・

            ・

去年の4月に義兄を亡くした。

3年前に「肺がん」の手術をした義兄。

割と早い発見だったので無事に終えた。

大丈夫だったよ…
















何も心配なく過ごしていたはずなのに

2007年の10月に「肝臓」への転移が見つかった。

病院嫌いの義兄…

その年の12月に余命を宣告された。 「3か月…」


タンタン…













たった二人の姉妹。

スタッフが行っても患者には何の意味もないかも知れない。

でも、心細いであろう姉とその家族。。

地方の為病院を休ませてもらって行った。

           ・

           ・

           ・

いつも思っていた事。

「自分はタイミングの悪いヤツだ。」と…

小さな「今日に限って…」が沢山あったから。

何を見てるの?















だけど…

タンタンの事と重なっていたら…

どちらも大事なんだよ…



















人の命は何より重い…

それは十分分かっているはず。

でも、タンタンがその時を迎えていたら…




スタッフはどちらにも”悔いと懺悔”を残したはず。




二つの出来事は悲しい終わりになったけど

現実と受け止めた時

「この二つが重ならなくて良かった…」


スタッフは何の後悔も無く二つの命を

見送ることが出来た。

タンタン…



















「小さなタイミングの悪さ」

「大きなタイミングの良さ」


人生って辻褄が合ってるのかも知れない。


4月にはご供養に行って来ます。




タンタンが1年元気でいてくれて良かった。。




ありがとう タンタン。。。




















                  タンタン らぶ
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私も・・・。
同じような体験があります。
子供のいない私です。
結婚してすぐに飼い始めた、シャムMIXの雌猫ちゃん。
貰ってと頼まれて、以来18年半ずーっと一緒に暮らしてきました。
その猫がいたから、寂しくなんかなかった。

ある日、
遠い親戚のおばあさんが亡くなったとの知らせがありました。
丁度その日に、その猫が激しい嘔吐で衰弱していたのです。
主人も長期の入院中でした。

やむなく動物病院へ入院させ、預かってもらう事にしました。
行事が終わり、
迎えに行き名前を呼ぶと、にゃあお~んと返事をして、嬉しそうな顔で私に寄ってきました。
ずっと飲まず食わずでいたらしいです。
適切な処置はしてるとの事。
帰宅すると安心したのか、いつものように食べて、すやすや眠ってしまいました。

人間の大事な礼儀・儀式はしないといけない事。
人も動物も天秤にかけるような事は体験したくないけど。。。

家族同様の猫は、かけがいのないものですし。
ふたつの時間の選択・・・。
結局は、大人の判断の方を優先しますよね。
猫は、その後回復し元気になってくれました。
18年半も家族でいてくて・・・感謝。

2代目シロンは、元気で若いです。
5月に、満3才になるシャムMIXの雄猫です。
瞳の色のブルーだけが先代猫と同じ。

今朝、カーテンレールの上からジャンプ。
寝てる私の顔に見事落下しちゃいましたよ。
頬に肉球のあとが・・・(^^;)
痛かったよぉ~ん!!
これが、シロンの毎朝の挨拶になったらどうしよぉ~~。
しろこまん 2009/03/06(Fri)23:50:14 編集
Re:同じ家族。。
飼っているネコは我々にとってもはや家族同然です。
スタッフの家も皆動物好きで想いは一緒です。
御見舞に来る事も無理強いはしませんでした。
でも「人の命」は何より重いのです。(泣)

本当にこの二つの事が重ならずに良かった。
それだけです。

しろこまんさんも同じ様な体験があるんですね。
でも当時のネコちゃんが、頑張って待っててくれて良かった。
今のシロンちゃんは元気いっぱい!
3歳は一番やんちゃな時ですから、頬に爪痕じゃなく肉球のあとで良かったですよ。ヽ(*^^*)ノ

【2009/03/07 07:02 タンタン(たまちゃん) 】
私の場合は・・・
私も今年の1月に地方に住む実兄を肺がんで亡くしました。家には17歳になる体調のすぐれない老猫がいたためなかなか家を空けることができず、兄の最期を看取ることができませんでした。動物を飼ったことのない兄の家族には「猫なんてほっておいて早く来れば良いのに」と言われましたが、兄が意識があるうちにお見舞いに行ってお互い言葉にはしなかったもものお別れをできていたので看取れなかったことを後悔はしていません。子供のいない私には猫はわが子同然の大切な家族です。17歳の子は今も一生懸命生きてくれています。茶トラでタンタンにどことなく似たかわいい子です。
Michiru 2009/03/07(Sat)08:26:51 編集
Re:o(;△;)o
”らぶゆ❤”の時にコメントしてくれましたね。m(_ _"m)
Michiruさんは1月に実のお兄様を亡くされたのですか。
まだ心の傷は深いですね。
「人の命」と「猫の命」
一般の常識としては「人の命」の方が重い…と言う事は分かっています。
でも家族として一緒に生活してきた愛猫はそれと匹敵するものでもあるのです。

スタッフは2度お見舞に行った後姉に「もう危篤の時は連絡しないから、お葬式の時で十分だから…」と言われました。
もちろんお世話になった義兄ですが、スタッフは姉の為にお見舞いに行っていたのかも知れません。(ノ_-。)

「猫なんて…」辛い選択を強いられてる時に辛い言葉ですよね。
でもそれだけお兄様はあちらの家族に愛されていたんですね。
そう考えたらちょっと嬉しくないですか?
一番大事なのは自分の家族です。
あちらの家族はお兄様の事が一番大事だったんですよ、きっと。

17歳のタンタン似のネコちゃん。
体調はどうですか?
もう少ししたらもっと温かくなるから、今が踏ん張りどころ。
18・19歳ともっともっと可愛くなってきますから楽しみにして下さい。
一緒に本当の春を迎えて下さいね。(*´∇`*)
Mchiruさんには沢山の家族がいるんですよね。
賑やかな春ですね。ヽ(=´▽`=)ノ
【2009/03/08 05:50 タンタン(たまちゃん) 】
無題
私も 父が肺癌で手術し療養中の時に
私が手術。
(子宮癌って診断…最終的には癌じゃなかった)
一年後 父を見送りましたが
私に命をくれたんじゃないかと思っちゃいました。
見送る側は どんなに尽くしても
後悔が残るもんですね。
だけど 家族としての絆 
一緒に過ごせた縁に感謝して
見送った命(家族だった猫も含め)を
じっと抱きしめて 
大事に生きていきたいものです。

最近 私の中にも
抱きしめる命が ひとつ加わりましたよ♪
それは・・・。
タンタン らぶ♪

たいたい URL 2009/03/07(Sat)08:55:17 編集
Re:w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
身代わりに…こんな話はよく聞きますね。
お父様もかぁちゃんに命をくれたんだ。
かぁちゃんは長生きしますね。(゚-゚*)(。。*)ウンウン♪

逝ってしまう命は誰にも止められない。
だから、そうだね。
かぁちゃんの云う通り「一緒に過ごせた事に感謝…」して残されたモノは生きて行くのがいいんだね。
この想いはずーーっと消えないもんね。(*´∇`*)

かぁちゃん、重いお題の中でのなにげの「告白!」
抱きしめる命の誕生!?!?w( ̄▽ ̄;)wワオッ!!
いい事あったら報告…お待ちしてますよーーー!o(*^▽^*)o~♪
【2009/03/08 06:02 タンタン(たまちゃん) 】
つらい選択の時。。
うーん、もしおぴが、ペットと親戚を
選択しなくてはならない時は。。
この際、おぴ自身が「重病」で
動けないことにしちゃうかも。。。ふふ

テキサス土産は”ベビードール”(セクシー
寝巻きじゃ)にしようと思ったんだけどなあ。。
断られちゃったからなあ。。
おぴ 2009/03/07(Sat)08:57:43 編集
Re:持ってるもーーーん。
スッテキィーなベイビードール。
持ってるもんねぇ。(* ̄ー ̄*)ふふん!!
韓国土産に貰ったもんねぇ。(韓国付いてる)
もう一枚持ってるもんねぇ。
お友達が結婚のお祝いに”シャレ?”で貰ったベイビードール。
「こんなモン、着れるかっ!」と言ってくれたんだもんねぇ。
劇的ご対面の夜は「ベイビードール大会」とシャレ込みますか?(*`▽´*)ウヒョヒョ

おぴさんはテキサス在住だから、日本の親戚とペットの選択はないでしょう。
スタッフも昔父方の親戚のお葬式に行ったら「何処の何方か存じませんが、来ていただいて…」と言われた事があります。
まぁ、忘れられる位不義理をしていたのでしょうが…
忘れていた、辛い事を思い出してしまいましたわ。( p_q)エ-ン
【2009/03/08 06:16 タンタン(たまちゃん) 】
汗汗・・・(-_-;)
朝からサーバーエラーで
タンタンブログが見られなくなっていました

お昼もダメで・・・
こみみ母は、かなりアセッた
(タンタン中毒の禁断症状か??)

スタッフさん、
お義兄さんの法要なのですね。
なんだか、切ない春ですね~

でも、きっと
タンタンも「いってらっしゃ~~い」って言ってると思う
こみみ 2009/03/07(Sat)15:54:17 編集
Re:(@Д@; アセアセ・・・
サーバーエラー…
どうしたんでしょうかね。
3時過ぎに繋がったようです。
「禁断症状」が治まって良かったです。
こみみ母さん、メールありがとうございます。ヾ(=^▽^=)ノ

今回のお知らせメールの最後に「遠いんだから無理しなくていいよ」とありました。
一周忌法要とは、亡くなった人を偲ぶのと一年頑張った遺族へのご褒美なのかもしれないね。
その為に皆が集まるのはいい事なんだね。
【2009/03/08 06:25 タンタン(たまちゃん) 】
無題
私は両親とも早くに亡くしました。
父が健在の時は、私が仕事でいない間は三匹の子守りをしてくれたものです。
その父が病気で臥せってる時、各日に病院へ泊りで行きましたが、三匹がみんな元気なので助かりました。
かけがえのない命
人間も動物も同じ重さだと思います。

タンタンちゃんが、お義兄さんに会わせてくれたのですね。
タンタン らぶ❤


イヴ URL 2009/03/07(Sat)16:15:24 編集
Re:イヴさんは。。
スタッフよりずっとずっと辛い時間を過ごしたんですね。
家族に病人が居る時ほど辛い事はありません。
側にいる者は尚更です。
でも今回タンタンを見送って、辛い想い以上にやり切った感はありました。
今まで重病の患者の側に付きっ切りの経験は有りませんでしたから。

人とペットは違う…
一般的にはヒトの命の方が重いのです。
でもここは「ネコ族」の集まりです。
「ヒトもネコも同じ命だぁ!」
と、叫ぶことが出来ます。(笑)

3にゃんとイヴさんは確かな家族以外の何物でもないですもんね。ヽ(=´▽`=)ノ
【2009/03/08 06:35 タンタン(たまちゃん) 】
無題
こんばんは(*´▽`)

切ない話ですね・・・。
命あるものはそれぞれに長さがあって
それを知る事は出来ないし誰にもはっきりした
事なんて決めれないって私は思います。
何月何日なんて聞きたくないですし・・・。

私は大切な人を亡くした経験をしています。
だから今回の記事は胸が痛く思い出し
泣いてしまいました。

タイミング・・・いい時もあれば
悪い時もありますね。
今回はタンタンちゃんと重なる事はなかったかも
しれませんが辛い話です。

動物って私達にはわからない何かを感じる事が
あるらしくなんでも早めに異変を感じますよね。
きっとタンタンちゃんにもそれが
伝わったのかも・・・なんて思いました。
もし私がどちらか選択しないといけなくなった時
可能ならば短い時間でも会いに行くと思います。
私にとってどっちかを優先にする事は
出来ないですから・・・。
今までこんな状況になった事がないのは
いい事なのかもしれないけど命って
あまりにも重く大切でみんなにそれぞれ
1つしかなく大事にしないといけないって
思います。この世の中命を粗末にする人が
いますが本気で考えて悲しむ人がいるって
事を忘れないでほしいって思います。
話がそれてしまいましたが・・・。

亡くなってあとに残された人がどれだけ
笑顔でいるか元気でいるかって事が大切だと思うんです。
でないと亡くなった人が心配すると思うから・・・。

ご供養に行かれた時、笑顔で元気で
会いに行ってあげて下さい。
きっと喜んでくれると思います。

※あくまで私個人の意見ですので
感じ悪い発言があるかもしれません。
私は前にも言いましたが「死」と言うものを
受け入れたくないのですが私に出来る事が
「笑顔」と「元気」しかなかっただけなので
こんな発言になったことをお許し下さい。
えらそうに勝手言って本当に
ごめんなさい。
ひろっぺ URL 2009/03/07(Sat)21:58:39 編集
Re:ヾ(´ω`=´ω`)ノ オハヨォ♪
1年は短いです。
でも心の立ち直りには十分な長さだと思います。
悲しいけれど、どんなに大事なヒトやペットが亡くなっても日常は普段通りすぎていくのですから…

大切な人との別れ…
スタッフはまだ本当に大切な人との別れの経験は有りません。
だからなのかも知れないけど、義兄との別れよりタンタンとの別れの方が辛かった…
ひどい奴です。
そんな奴だからこのふたつが重なっていたら…
きっと義兄や姉に不義理をしていたと思うの。
ひどい奴です。(T_T)/~~~
スタッフは優先順位を即決するタイプなのです。
…ひどい奴ですね…

早くに結婚し家を出た姉なので姉妹でルンルンの時間があまり有りませんでした。
こんな事で会うのは忍びないですが、元気で明るい時間を過ごして来たいと思っています。
どんなに悲しんでも亡くなったモノは帰って来ないのですから…

※死を受け入れたくないひろっぺさんも「大切なヒトとの別れ」を経験していたのですね。
その経験から「笑顔と元気」と言う答えを出したのでしょう?
スタッフに今一番無いモノです。
ひろっぺさんに習い、今日から「笑顔と元気」で頑張ります!

死は必ずやって来る事。
それは十分分かっている事なんだけどね。
中々乗り越えられないもんです。。
【2009/03/08 06:59 タンタン(たまちゃん) 】
無題
ちは~☆お久しぶりデス。
…まずは「人」が優先されるのは分かっているけれど、もしその時に抱えている事情があったとしたらどう動くか…とにかく協力者がいてくれないと無理かも。
2年前に従兄弟の奥さんが急逝し、従兄弟の家ではコーギーを飼っていたので従兄弟もその一人娘もお通夜の晩に揃って席を外し、餌と散歩時に外でしかしないシッコ&うんチョスをさせに家に帰っていました。親戚達もたまたま「アレッ?どこ行った?」となっても「あぁ~…仕方ないか」みたいな感じでしたが、速やかに出ないのか喪主がややしばらく戻って来ないとなるとやはり変な空気になりましたよ。
でも、今となってみれば私も今回思い出して思うのですが、そういう事も有ったなぁ、みたいな。多分誰が思い出しても、喪主が居なくなったのも珍しいよね、初めてだったよね、で終わりのような…(^_^;)従兄弟らは一大事な中、いつも通りしなくてはならないワンコの世話もしたんですよね。でも帰れたからいいけど、家でも用を足せるようにしとくべきですよネ。待ってるじゃん!みたいな(`ε´)
ま、スゴイっちゃスゴイ従兄弟の話でした。
ちっちょん 2009/03/07(Sat)22:22:49 編集
Re(/゚∇゚)/゚∇゚)o ティース♪
思い出しました!
義兄のお通夜の時、やはり飼っているイヌ(ジャックラッセルテリア)の散歩と餌やりをスタッフがする為に家に戻った事を…
喪主である姉は、義兄の会社関係の人との接待があり行けなかったのです。
その時、帰って良かった・姉の役に立った…
と思った事を思い出しました。(笑)

ここは「猫族」の集まりで、平等で有る事に理解を示してもらえます。(人とペットの命)
でも「たかが犬に…」の考えがあるのもまたしかり…なのです。
また立場が変わると意見も変わってきますしね…
人様に何を言われても「自分のやり方」を貫くのがいいのかも知れません。
従兄弟さんのケースの様に「~だったねぇ」で終わりなのが普通なんですよ。

でも確かにあの時、イヌ達は待ってました。(笑)
【2009/03/08 07:14 タンタン(たまちゃん) 】
5年前
私の祖母も癌で亡くなりました。
お葬式では泣かないでほしい、笑ってほしいとずっと言っていて。
私は故人の希望通り(笑うことはできなかったけど)泣きませんでした。

実はこのとき、仕事の都合で実家からいったん戻ってきた矢先の出来事。
また来るねと言って。
次の日に息を引き取りました。

いつもまりもを連れて実家に帰っているのですが。
長旅の連続で疲れたのか、その後体調を崩しやばかったのをおぼえています。

命に対しては、タイミングという言葉を使いがたいところですが。
お別れの時に悔やむことがないよう自分としてできる限りのことはしてあげたいですね。

動物にも人間にも。
りっこ 2009/03/07(Sat)22:25:26 編集
Re:それぞれ。。
悲しく辛い経験はあるんですよね。
スタッフも自分のお葬式の時はメッチャ明るくやってほしいタイプです。
でも逆の立場になったら悲しみを引きずるなんて矛盾してます。(;へ:)

りっこさんも世帯主としてまりもの事もあるから身軽に動けない辛さがありましたね。
またその後、まりもが体調不良になったなら尚更…
「自分に出来る限りの事を…」
それを受け入れてもらえない淋しさもあるのですが。o(TヘTo) クゥ

追記。。
おぴさんの凱旋帰国の際には「ベイビードール着用」らしいよ。
どーする?ヘ(^∇^ヘ)ヘ(^∇^ヘ) ウヒョヒョ♪
【2009/03/08 07:25 タンタン(たまちゃん) 】
無題
『人間の命』と『動物の命』と比べてしまうと『人間の命』なんでしょうが、『動物』を『家族』とした時はどちらも選ぶ事ができません。
今は『ペット』ではなく『家族』という方が多いですよね
だからこそ『ペットロス』という言葉もありますし。。。

お義兄さんもタンタンもちゃんとお見送りできる事ってなかなかできる事ではないと思います
私は祖父を2人同じ年(2ヶ月間隔位)に癌で亡くしています。その時は何故同じ年に、と思いましたが、時間の経過と共にその思いは消え、2人で頑張っていたんだなぁという想いに変わっています
お義兄さんとタンタンとの事とはちょっと違いますが。。。
 
タンタン、1年頑張ったね
お疲れ様
misarin URL 2009/03/08(Sun)00:22:28 編集
Re:時間の経過。。
今はペットは完全に家族です。
でもペットを飼っていない人には解らない事でしょう。
残念ながら…

うちは代々イヌを飼っていてその気持ちは分かる家族です。
でも義兄のうちはそうじゃなかった。
そうなったら義兄の親戚から冷たい言葉を浴びせられるのは姉なのです。
「妹がネコの為に来ない。」
自分の事を言われるより辛い事です。

でもmisarinさんの仰る通り、時間の経過で優しい気持になれるもんです。
ちょっとした後悔もいいように考えられるようになります。
一周忌法要ってその為にあるのかも知れませんね。

あの時はそんなに心配がなかったタンタン。
究極の選択をしないで済んだんです。
【2009/03/08 07:36 タンタン(たまちゃん) 】
後悔は・・・
こんばんは、peekoさん。
一年前に、そんなことがあったのですね・・・・。
大した苦労もしていない私が言うのもえらそーだと思うのですが・・・、
人生って、いろんな辛いことがあると思うのですが、愛する者がこの世からいなくなってしまうことが一番辛いんじゃないかなと思うのです。。。
でも、もう治ることのない病気になってしまったりしたら、やっぱりその現実を受け入れなければいけなくなるのだけど、そうなった時、やはり出来る限りのことをして最善を尽くしたいと思うと思います。でも、何か事情があって出来る限りのことが出来なかった時・・・、「もっと○○してあげればよかった・・・(;ω;)」という後悔が一生残ることでしょうね。
でも、peekoさんは、お義兄さんにも、タンタンにも、悔いのない方法をとることができたのですね。。。タンタンのことだから、そのことを知っていたんじゃないかな・・・?なんて、私は思うのです。(*v.v)。
たまの飼い主 URL 2009/03/08(Sun)00:29:58 編集
Re:出来る事。。
遠く離れたスタッフに出来る事はあまり有りませんでした。
今考えると義兄の為より姉の為にお見舞いに行ったようなモノかも知れません。
一番辛いであろう姉の側にいる事がスタッフの唯一出来る事だったのです。

治る事のない事実。
これを受け入れる時が一番辛いかも…
タンタンの時もそうでした。
「仕方のない事…」確かにそうなのですが。

義兄の一周忌法要の時までタンタンの事を引き合いに出してしまうスタッフは「ヒトの命の方が重い」なんて言えないね。。
でも、同じかそれ以上の存在だったんだよ。

あぁ…
まだ引きずってる自分を露呈してしまった…( p_q)
【2009/03/08 07:45 タンタン(たまちゃん) 】
無題
あの~…
感違いさせてしまったようで…。
「私の中にも 抱きしめる命が 
ひとつ加わりましたよ♪」=「タンタンの事」
なんです。
紛らわしい表現だったかな…スンマソ。




たいたい URL 2009/03/08(Sun)08:04:25 編集
Re:(/≧◇≦\)アチャー!!
かぁちゃん、すっかり勘違いしてしまいました。( ̄ー ̄)ゞスマンスマン
でもかぁちゃんの中に加わったモノが「タンタンの事」なんて…
チョー嬉しいッス。ヾ(=^▽^=)ノ
闇ちゃんと同じ側だね。(*´∇`*)
【2009/03/09 05:26 タンタン(たまちゃん) 】
ぎゃあー!
きみきみっ、
なーにを”あーあ勘違い”してるんだね。
みんなでベビードールを着たら、
おばさんピンサロになっちゃうでしょ?
きっヴぉちわり~い。
なるべく照明の暗い店にしてね。
やっぱりFu病院は”お化け屋敷~”
だった。おぴは”鬼瓦”です。
くわばらくわばら。ふふ

テキサス土産、もっと真剣に模索します。はい
おぴ 2009/03/08(Sun)08:27:18 編集
Re:( ̄。 ̄;) ちぇっ
看護師長のお部屋で間接照明だけ付けてみんなでベイビードールナイト…
最高だと思ったのですが。
この案はボツですか。ちぇっ(-。 -; )
でも「おばさんピンサロ」って…
ウゥッ!! Σ(・"・;) ズボシ…となるか、∑( ̄皿 ̄;; ンガァーーー!!!となるか…
まぁ”お化け屋敷鬼瓦”の戦いですから。~(^◇^)/ ウホホホ

どちらにしても楽しみですわん♪

※テキサス土産はいいんですってばぁ。
【2009/03/09 05:38 タンタン(たまちゃん) 】
無題
こんばんは(*´▽`)

1年ってホントあっという間ですよね。
今年だってもう3月だし・・・。
確かに大切な人、ペットが亡くなっても
時間はすぎてて普通通りの生活をしないといけませんね。
時間は待ってはくれませんから・・・。

優先順位を即決するタイプ。
私はそれは悪いとは思いませんよ。
どんな時でも順番って気付けばついてて
死ってものにこだわると難しいかもしれないけど
普通の生活だと当たり前のような気がします。
ひどい奴って思う事はないし責める必要も
ないと思うんです。
一番は気持ちだと私は思います。
姉妹に遠慮するなんておかしいし
姉妹だからわかる事、分かり合える事があると思うんです。
一緒にいる時間は短かったかもしれないけど
何も言わなくてもわかる、これが姉妹って思います。

私の大切な人はいつも冗談を言って
明るい人でした。
暗い事が嫌いな人だったので私は悲しんだけど
笑顔で元気になる事を決めました。
悲しんでばかりだと周りも暗くなるし
何をしても楽しくないしその人に
悪いと思いました。
時々思い出して泣いてしまう事もあるけど・・・。

中々乗り越えられない気持ちもわかります。
側にいてくれたら・・・。
この前まで側にいたのに・・・。
何度も私も思いました。
無理に明るくは出来ないけど1人では
立ち直る事は難しいかもしれませんが
みんながいてくれて仲間もいて温かい人が
たくさんいるからきっと大丈夫。
頑張れると思うし、笑顔もいっぱいになると思う。
ただ無理はしないで辛くなったら
誰かに聞いてもらって泣きたくなったら
泣いた方がいいって思います。
我慢だけはしないでね。

えらそうに話してごめんね。
1人じゃないんだよ。
みんなが応援してくれてるよ(*´▽`)

ひろっぺ URL 2009/03/09(Mon)01:24:04 編集
Re:b( ̄ロ ̄)d w( ̄◇ ̄)w オッハーァ♪
心の問題は難しいモノです。
分かってはいるものの着いていかない自分がいます。
多分日常の生活は元気にやってると思ってます。
でも心の奥底に燻ぶってるモノ…
そのモヤモヤがいつまでも残ってるんです。
…やはり時間が解決する事なのでしょうが。(ノ_-。)

悲しいのや辛いのは自分だけじゃないし、ひとりぽっちでもない。
だから落ち込む事なんてないはずなのにね。
きっと今は「自分は…」と見つめる時期なんだと思います。
「こんな自分からの脱却」を図るための。
ちょっとズラズラーーーと生きてきた自分を戒めるためにタンタンが与えてくれた時間なのかも知れません。

そう思うと「オラオアラオアラァーー」の気持ちになれそうです。(笑)
今日は意味不明文になってます。
でもひろっぺさんに聞いて貰って少しすっきりしました。
また「公開交換日記」で心の隙間を聞いて下さい。♪(* ̄ー ̄)v

【2009/03/09 05:54 タンタン(たまちゃん) 】
無題
タンタンはなんてスタッフさん孝行なにゃんだぁ〜
しかもすぐに天国に行くんじゃなくて
一年時間をくれたんですね。

私は結構いい年なんで今までに両手くらいはお骨を拾ってます。
もちろん親も親族もいますが
なぜかペットを亡くす事のほうがものすごく辛いです。
おかしいのかもしれませんそうなんだからしかたありません。

まだまだ先ことですが
(先じゃないと困ります!!ちなみにぐりこは2歳です)
絶対なにがなんでもばんぐりは私が看取ります。

BANGURI 2009/03/09(Mon)04:16:01 編集
Re:孝行モノ♪
そうですね。
確かに一年間の楽しい時間をくれ、最期を看取らしてくれて、少し心が落ち着いた時に姉に合わせてくれる…
タンタンは孝行モノですね。(*´∇`*)
BANGURIさんに言われてつくづくそう思いました。

何故でしょう?
祖父母などが亡くなった時などは順番的に仕方ない事だと受け止められるのに、何故ペットはこんなに引きずり辛いのでしょう?
タンタンの場合も大往生で、こんなに幸せな逝き方はないはずなのに…
「おかしいかもしれないけどそうなんだから仕方ない。」
BANGURIさんのこの言葉が全てのような気がしました。
「そうなんだ」を受け止めてもいいんですね。
この1か月、それではいけないと思ってきた自分が辛かったんです。
BANGURIさん、ありがとうございます。m(_ _"m)

2歳・3歳のばんぐり。
BANGURIさんはあと最低15年はその心配をする事はないですよ。ヽ(=´▽`=)ノ


【2009/03/09 06:11 タンタン(たまちゃん) 】
ヒト事情(*_*)
ニンゲン界のルールは複雑で、感情論では済まされない事が多過ぎます(ノ_・)“緊急事態”の優先基準も温度差があって、家族間でもしっくりいかない場合もしばしば(v_v)
みぃみぃがいつも思う事は“疎遠の親族より、一緒に過ごす動物達に対する愛情や想いの方が絶対的に深い”…ニンゲンの付き合いは“義理・人情”が基本だけど、身近な動物達に対してあるのは“守護責任と愛情”だと思っているので、みぃみぃも、万が一緊急事態が重なった場合に優先するのは、迷わず“ウチのコ達”です('')ただ、最善の方法を最後まで模索し続けるとは思います(+_+)
でも、動物達はちゃんと解っていて、調整してくれている気がします…タンタンもそうだったかも知れませんよね?何たって“ミラクル・キャット”だし(^_-)☆
おぴさん帰国歓迎・ベビードールの集い…みぃみぃも自前の黒のベビードールで妖艶に参加予定(*^o^*)楽しみだぁ♪
みぃみぃ 2009/03/11(Wed)04:58:06 編集
Re:その時に。。
温度差っていうのはありますね。
ヒトによって価値観が違いますから、やはり難しい問題です。
スタッフは姉家族と離れて暮らしていますから、あちらの温度が分かりませんでした。
それ故姉の為…という気持ちにもなったのです。
心のしこりはいつまでも残りますから。(ノ_-。)

でも最悪の状態にならなかったのは今となっては「良かった」としか言えないのです。
起こった事は二つとも悲しい事ですが。

そうだね。タンタンはミラクルキャットだったね。(⌒-⌒)ニコニコ...

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット!
みぃみぃさんは自前の”黒のベイビードール”着用?
スタA&りっこが知らない”ベイビードール”を、しかも黒を持ってるなんざ…
みぃみぃさんはこっちよりのお人だね。(▼∀▼)ニヤリッ
【2009/03/13 06:09 タンタン(たまちゃん) 】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *